こんなパンクはいたしません

太いホッチキスの針が刺さったままにより

多数の穴が反対側まで貫き、チューブ自体も磨耗していることでチューブの交換になります。

空気が少ない状態で走行して段差を越えたりするとパンクします。その他にもタイヤの磨耗も早めるし、乗っていても重くて乗り心地も悪い。カンカンに空気を入れたいのですが

既にチューブがタイヤの中でくしゃくしゃになっている事もあり途中からパンパンには入れるのは危険。一度チューブを外に出して、入れ直してからパンパンに入れて欲しいですね。

スポンサーサイト

コメント